霊能者 松林秀豪 霊視・浄霊・除霊・霊現象・守護霊のご相談 精神世界・スピリチュアルのご相談 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県 茨城県・全国出張も

  霊能者 松林秀豪 浄霊・除霊・守護霊のご相談 東京 千葉 埼玉 茨城 神奈川  
  精神世界・スピリチュアルのご相談  
 
ホーム
プロフィール
霊的な世界
ご相談・料金
体験談
私の信念
ご相談場所



霊能者 松林秀豪
(霊能者 松林秀豪)

  お問い合わせは
  電話もしくはメールにて
  お願い致します。

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

リンクサイト
霊能者 松林秀豪のブログ
霊能者松林秀豪のブログ
セミナー情報や日々のこと
を書いています。


 ★携帯のページのご紹介
 http://matubayasi.com/i

QRコード

 携帯でQRコードを読取る
 ことで、ページにアクセス
 することができます。



ご相談風景
(ご相談風景)

★著書のご紹介
魂を読む 霊能者 松林秀豪
「魂をよむ」
松林 秀豪 著
アクア出版 定価1200円
アマゾンで購入
インチキ霊能者にダマされるな 霊能者 松林秀豪
「インチキ霊能者に
ダマされるな!」
松林 秀豪 著
アクア出版 定価1200円
アマゾンで購入



霊能者 松林秀豪 霊視・浄霊・除霊・霊現象・守護霊のご相談


スペーサー
霊能者・松林秀豪の公式ホームページです。日々多くの方からのご相談をお受けしております。
人には言えない悩みや不安、精神的な不安やストレス、人とのトラブルなど、霊能力の観点からご相談をさせていただいています。宗教団体や宗教ではありませんので、ご安心してご相談ください。

文字サイズを選べます
小中大
スペーサー
 
今月のコラム

霊的感性が強すぎて、何事も追い込んで考えやすいかもしれません
自分をダメだと思いこまないように
人の意識に流されないように
自分を憎まないように

〜 共に住まう霊的な良き存在 〜

お家のお父様が亡くなってから、部屋で音がしたり、影のように気配がしているなど、霊的現象が起こり、ご家族全員が感じるようになったのです。

たまにあることですが、家の家長(父親)が亡くなると、霊的なものが騒いでくることもあります。旧家などは特に土地に住み憑いている霊もいますから、落ち着かなくなることもあるのです。

お家に伺って、家と土地を浄霊させていただいて、帰り際に気になったのが、きれいな庭と池でした。敷地が広いので庭も広く、池もかなり大きいのです。

「それは何代も前からある池です。手入れも大変ですが、続く限りは大事にしていきます」

と家の方がおっしゃっていました。

私は「この池には龍神様が住んで守られていますよ」というと、ご家族は驚いた顔をされていましたが、その時はそれでお暇しました。

それから、2年後に庭のつくりを少し変えるために 池の水を一度抜くことになったある日、娘さんが夜「今、池の龍神様が飛んでいった。いなくなった。」というのであわててご相談にいらした。

「庭を作り変えてきちんと池の水を戻されて 清められたらまた龍神様が戻ってきますよ」とお話しをしましたが、不安とのことで再度出張に伺い、池の清めをしました。

その夜に今度はご主人が 龍神様が池にいる夢をはっきりと見たのです。
娘さんも戻ってきた龍の姿をみたのです。

共に住まう霊的な良き存在もたくさんいます。

過去のコラム

祖先が守ってきたもの 怖い夢

 都会ではあまり言われませんが、地方ですと、本家や分家が今もきちんと残っているところもあります。

 もちろん代替わりして、本家でも代々の土地から離れてしまうこともあるのは、 時代の流れで仕方のないことかもしれません。それでも昔からの風習や大切にしてきたことを 置き去りにはしない方がよいこともあります。

 B男さんは15代続いてきた本家の跡継ぎですが、仕事の都合などで代々の土地を手放してしまいました。分家からはさんざん止められましたが、「もう本家の土地もここだけだから、それに昔のように農家でもないから、この土地を離れる」といったのでした。

 それがB男さん、土地を売って、新たな住まいに変わってしばらくすると 毎晩うなされる夢を見て「追いかけられるような、責められるような、 怒られているような・・・怖い夢です。土地は手放しているから戻りようもないですが、何か問題があるのでしょうか?」 霊査すると、B男さんの本家はもともと土地の神様を守ってきたようです。

 B男さん「古い氏神様は村にありました。だんだんお祭りもしなくなりましたが、今でも地域の人はお参りしたり、掃除をしたりはしています」

 今はそれで良いのですが、B男さんの家は代々守って来られたので、そこの神社とご縁のあるご祭神の、神社さんへお参りに行かれるか、お家で祀られるとよいのです。離れていてもご先祖の大切にしてこられたこと、ご自分も守られてきたことは手放さないようにしてください。

 B男さんその後きちんと神棚を祀られて、怖い夢は見なくなりました。


霊体験の話し

 若いころの私の体験で、ある日の夜に自分の部屋のドアを開けて入ろうとしたときに、目の前におばあさんの霊が座っていたことがありました。

 もちろん知らない人で、霊なのです。 部屋に入ろうとしたら、いきなり人が座っているのですから、私も驚いた!

 心の中でどうして此処にいるのか、問いかけると、そのおばあさんは「助けて欲しい、わからないで長いことこの世界にいたような気がする、ここに居ると助けてくれると誰かが言ったので、ここに来た」というようなことが私の心に伝わってきます。

 しばらく霊査してその霊の亡くなった状態を視ていると、年老いて家族に追い詰められていじめられたような感情が伝わってきました。けれども、同時にこの霊が若いときにおそらく家族とのもめ事や姑さんをいじめていたような情景も視えてくるのです。因縁が深い家なのでしょうが、自分がしたことが自分に返ってきたようなものです。それで亡くなっても、霊界に戻れずに人間界に彷徨っていたのです。

 だから「ここに居ると助けてくれると誰かが言ったので、ここに来た」というように、誰かというのは、このおばあさんの先祖や守護たちの力があったのです。 その力で私のいるところまで連れてきたのでしょう。


約束事 霊

 以前に土地の問題で出張をしたところがありました。

 埋め立てられた土地で、昔の地図をみると、ちょうど海と陸のキワの辺りにそのお家は建てられていました。 お家の方が霊をみたり、怖い夢をみたり、家族がもめごとばかりで、小さなことから始まって徐々にエスカレートしてきたために、直接伺うことにしました。

 埋め立てるときに海の際にあったいくつかの供養塔や墓石がわりの石などを、埋められたりしたようです。それもきちんと清めや供養もされずにただ埋められた状態であったと思います。

 船の事故の犠牲者もいるし、女性の霊も子供もいました。海は犠牲者も多く出しています。ちょうど流れ着くような場所でもあったようです。

 それらを知っている人もいなかったので、誰を責めることもできないですが、救われない霊は次にはそこへ住む方たちに助けを求めてくるようになります。霊をみたり怖い夢をみたりすることは、脅かしてるのではなくて、むしろ助けを求めているためなのです。

 きちんと清めをして浄霊してからすべて納まっていました。そして霊の供養の意味も含めて一年に一度簡単なお清めをしていただくようにお伝えしておいたのです。それからしばらくのあいだご家族がお化けの姿をみることもなく、怖い夢も見ることもなくいたそうですが、数年してからまた同じような現象がおこりはじめたというご相談がありました。

 「おさまっていたのに何故でしょうか?」ということでした。 霊査すると「やっていない」と答えがくるので「お伝えしていたお清めは一年に一度はなさっていますか?」と訪ねると、「忘れていました。うっかりしていました・・・」ということでした。

 霊の世界は約束事も大切にしていかなければならないこともあります。


心が動かない

 思ってはいても、行動が出来ない。家族に言われても、理屈はわかるが思うようには人と話せない、社会が怖い、ありのままの自分がうまく出てこない。

 このようなことでも苦しんでいる人も多いのですが、ともすると自分の考え方に問題があって、いけないのは全部自分が悪いのだから、どうしたらいいのかと悩んでしまうこともあるかもしれません。

 人の気持ちの中に自分以外の意識霊が入り込んでしまうと、どちらが自分なのか、あるいは本来の自分の性格ではないような感覚になってしまうこともあります。

 Aさんは、働き者の30代の男性でしたが、あるときから外にも出たくない、人とも話したくない、進まなければと思うが進めない、前向きだった自分が非常に後ろ向きに変わってしまった。

 それが職場が数キロ離れた場所に会社のビルが移転したときから始まったのです。仕事をしていても落ち着かない、集中できない、いるだけですごく疲れるなど、会社を休みがちになり、霊的な影響に覆われていました。

 とりのぞいていくと同じように働けるようになってきたそうです。人は見えない世界からの影響も受けますが恩恵もたくさんいただいて生かされています。


ブログの記事のご紹介

2017/9/25

ご夫婦とも30代で、 仕事は車で通い休みはゆっくり畑仕事をして暮らしていきたいと、 地方の町中から山の奥へ移住されたのです。 環境もよく、周辺に住む方の優しさに勇気づけられて、 慣れない山暮らしをそれでも楽しくはじめてしばらくした頃でした。 ご夫婦で畑仕事をしていると、 突然に風が吹いて、 力強い男性の声が聞こえたような気がした。 ほんとに一瞬の出来事で二人で家...


2017/9/23

実の親が、幼い赤ちゃん、子供を虐待してしまう事件が増えています。 その中には霊的に影響を受けていることも多々あります。 A子さんは、生後10ヶ月の赤ちゃんを、とても可愛がっているのに、 ご主人も子育てに協力してくれるにもかかわらず、 赤ちゃんが泣いたときに何度かつねってしまったことがある。 後が残らないていどのつねり方のようでしたが、 あとからそういう自分が許せないと...


2017/9/21

感受性が強い人で、時間の進みかたが すごく遅く感じるということを経験することもあります。 一日の動きが遅く重く感じたり、午前も午後も 一日中がいやになるほど非常に長く感じるということもあります。 普通は忙しければあっという間に時が過ぎ、楽しくすぎていきますが、 霊的な問題があるときには 人間側にも伝わってしまうこともあります。 成仏していない霊はこの世に 執着の思...


2017/9/19

おまいりに行くことを重く考えすぎて、 神社やお寺に行きたいけれど、 「自分の心がよごれているから 神仏に怒られてしまうのではないだろうか?  お参りしても余計なことを考えてしまうから、 純粋にお参りできないかもしれない・・・・」 と思っている人もおられます。 誰もが日々世の中のたくさんの意識に動かされ、 影響も受けているのですから、 純粋におまいりしなければ...


2017/9/17

10年以上前のことですが、 Bさん(男性 会社社長)が会社を始めて 8年くらいで経営が軌道に乗って社員も増えた。 このBさんは、会社を始める頃から相談にきていたのですが、 はじめはとても自信のなさそうなところもあったが、 守りもあるから自信を持って会社を運営していくようにアドバイスしていました。 会社が軌道に乗ると自信もでてきたまでは良かったのですが、 ある日相談に...


2017/9/15

戦国時代の昔に、合戦場だったといわれる山があったのですが 歴史としてはそれほど有名ではなかった。 その山を造成して、広大な住宅地にし100件以上の家がたてられ、 その中でも、Aさんご一家は山の上の方を購入され 暮らして1年ほどすぎたころ、奥さんが実家にばかりいくようになり、 家に戻ることを嫌がるようになりました。 喧嘩をしているわけでもないけれど、 なんとなくご夫婦がぎくし...


2017/9/13

健康で仕事も忙しく、睡眠も短くても体調も良かった男性が、ある日熱を出して、7日間寝込んだ、 寝込んでいるとき 「夢枕」 に亡くなった父親が出てきて、 「いい加減に自分や家族のことを考えて生きろと」いわれた。 この男性は熱を出して7日間寝込んだこともはじめてで、 夢を見たこともほとんどはじめてらしく、それも亡くなった父親が夢に現れて はっきりと自分にしゃべってきて驚いた。と話して...


2017/9/11

ある方は「自宅の近くに神社はあるけれど、 あまり手入れがされてないし暗くて、怖い感じがします。 近所の人に聞くと、そこが氏神様だとのことですが、 どうしてもお参りに行きづらい」 そう思われる方もいます。 少し離れたところに気持ちがよいと感じる神社はあるのでしたら、 ご自分が気持ちがよいと感じられるところで よいですからおまいりをしてください。 また自宅の近くに、同じく...


2017/9/09

感覚が過敏な方は、 いつもと環境が違いすぎるところへ行くと体調を崩したり、 気分が悪くなることもあります。 楽しむつもりで元気で出発したのに、 目的地に着いたら元気がでない、 頭が痛い、気分が悪くなんだか楽しくないなど、 その土地のもつ気が全く違っていたり、 霊的な存在が大きく影響することもあります。 ご夫婦で旅行にでかけて、ご主人の運転する車で 山道を走ってい...


2017/9/07

願いが叶った、お守りは、 神社やお寺で、お守りなどをいただいてきて、 願いが叶ったら、いただいた神社やお寺に お参りに行かれて、お守りをお返しして 「守っていただきました。おかげさまでありがとうございました」 という気持ちでお礼をしてきてください。 合格守りなど、 叶ったら御礼参りを忘れないでください。 人から頂いたり、なかなか行くことが出来ない 遠くの県の神社やお...


2017/9/05

生まれ育ったところに住んでいる人 移り住んでいる人 何となくそこが気に入って住んでいる人 様々な理由で、住むところは変わります。 どこの土地でも先人達が行き来したり、 住んできたところでもあります。 自然や過去の見知らぬ霊でもつながっています。 土地が問題で現象が起こっている場合には、 過去に心を傾けてみることもときには大事なことです。 例えば、 山はどの...


2017/9/03

目に見えないものは、信じにくいものですが、 仮に暗闇で誰かの声が聞こえてきたとします。 普通は人の声だと認識したいのですが、 人がいないところでも はっきりと聴こえてしまう人にとっては心穏やかではありません。 霊的なことに対して、 人は潜在的に見えないものは 信じたくないと言う心理が働いてしまうので、 普通は信じたくないという思いで否定的になります。 否定的...


2017/9/01

Aさん(30代 男性)はある占い師のところへ 問い合わせの電話をしたときに、 「Aさんの守護霊は弱くて守れない、 何とかしないと災いがおこります!」 そういわれたので、 「それではなんとかしてください」というと 「全国から依頼があって忙しいけれど、 順番で遠隔で浄霊して祈っていきますから、 遠隔の費用は、50万円です」と電話でいわれて ...


2017/8/30

家庭内のもめ事でのご相談でいらした方で、 まさか霊的な問題がある事で、 ご家族がもめていたとは思われなかった。 奥さんのA子さんは、 ご夫婦で話していると、 最初はご主人の罵詈雑言で始まり、 20分ぐらい話つづけて、 それが終わるとご主人は落ち着いて、 冷静になり普通に話すそうです。 けれども話の端々で、 上手く通じないことがあり、 ご主人はまた興奮してくること...


2017/8/28

A子さんは、感受性のとても強いタイプの 霊感の持ち主です。 霊を見たりすることはないのですが、 気配だったり、雰囲気だったりを 直感的に受け止めるのです。 A子さんの場合には極端に 気になってしまうのです。 毎日職場の雰囲気の変化や、 同僚の機嫌がいいか悪いか、 ものすごく怒っている人がいると、 気にしすぎて、必要な仕事さえも その人に頼むことが、 出来ない...


 
ホーム | プロフィール | 霊的な世界 | ご相談・料金 | 体験談 | 私の信念 | マップ
   
スペーサー     スペーサー
メールでのお問合せ