霊能者 松林秀豪 霊視・浄霊・除霊・霊現象・守護霊のご相談 精神世界・スピリチュアルのご相談 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県 茨城県・全国出張も

  霊能者 松林秀豪 浄霊・除霊・守護霊のご相談 東京 千葉 埼玉 茨城 神奈川  
  精神世界・スピリチュアルのご相談  
 
ホーム
プロフィール
霊的な世界
ご相談・料金
体験談
私の信念
ご相談場所



霊能者 松林秀豪
(霊能者 松林秀豪)

  お問い合わせは
  電話もしくはメールにて
  お願い致します。

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

リンクサイト
霊能者 松林秀豪のブログ
霊能者松林秀豪のブログ
セミナー情報や日々のこと
を書いています。


 ★携帯のページのご紹介
 http://matubayasi.com/i

QRコード

 携帯でQRコードを読取る
 ことで、ページにアクセス
 することができます。



ご相談風景
(ご相談風景)

★著書のご紹介
魂を読む 霊能者 松林秀豪
「魂をよむ」
松林 秀豪 著
アクア出版 定価1200円
アマゾンで購入
インチキ霊能者にダマされるな 霊能者 松林秀豪
「インチキ霊能者に
ダマされるな!」
松林 秀豪 著
アクア出版 定価1200円
アマゾンで購入



霊能者 松林秀豪 霊視・浄霊・除霊・霊現象・守護霊のご相談


スペーサー
霊能者・松林秀豪の公式ホームページです。日々多くの方からのご相談をお受けしております。
人には言えない悩みや不安、精神的な不安やストレス、人とのトラブルなど、霊能力の観点からご相談をさせていただいています。宗教団体や宗教ではありませんので、ご安心してご相談ください。

文字サイズを選べます
小中大
スペーサー
 
今月のコラム

霊的感性が強すぎて、何事も追い込んで考えやすいかもしれません
自分をダメだと思いこまないように
人の意識に流されないように
自分を憎まないように

〜 共に住まう霊的な良き存在 〜

お家のお父様が亡くなってから、部屋で音がしたり、影のように気配がしているなど、霊的現象が起こり、ご家族全員が感じるようになったのです。

たまにあることですが、家の家長(父親)が亡くなると、霊的なものが騒いでくることもあります。旧家などは特に土地に住み憑いている霊もいますから、落ち着かなくなることもあるのです。

お家に伺って、家と土地を浄霊させていただいて、帰り際に気になったのが、きれいな庭と池でした。敷地が広いので庭も広く、池もかなり大きいのです。

「それは何代も前からある池です。手入れも大変ですが、続く限りは大事にしていきます」

と家の方がおっしゃっていました。

私は「この池には龍神様が住んで守られていますよ」というと、ご家族は驚いた顔をされていましたが、その時はそれでお暇しました。

それから、2年後に庭のつくりを少し変えるために 池の水を一度抜くことになったある日、娘さんが夜「今、池の龍神様が飛んでいった。いなくなった。」というのであわててご相談にいらした。

「庭を作り変えてきちんと池の水を戻されて 清められたらまた龍神様が戻ってきますよ」とお話しをしましたが、不安とのことで再度出張に伺い、池の清めをしました。

その夜に今度はご主人が 龍神様が池にいる夢をはっきりと見たのです。
娘さんも戻ってきた龍の姿をみたのです。

共に住まう霊的な良き存在もたくさんいます。

過去のコラム

祖先が守ってきたもの 怖い夢

 都会ではあまり言われませんが、地方ですと、本家や分家が今もきちんと残っているところもあります。

 もちろん代替わりして、本家でも代々の土地から離れてしまうこともあるのは、 時代の流れで仕方のないことかもしれません。それでも昔からの風習や大切にしてきたことを 置き去りにはしない方がよいこともあります。

 B男さんは15代続いてきた本家の跡継ぎですが、仕事の都合などで代々の土地を手放してしまいました。分家からはさんざん止められましたが、「もう本家の土地もここだけだから、それに昔のように農家でもないから、この土地を離れる」といったのでした。

 それがB男さん、土地を売って、新たな住まいに変わってしばらくすると 毎晩うなされる夢を見て「追いかけられるような、責められるような、 怒られているような・・・怖い夢です。土地は手放しているから戻りようもないですが、何か問題があるのでしょうか?」 霊査すると、B男さんの本家はもともと土地の神様を守ってきたようです。

 B男さん「古い氏神様は村にありました。だんだんお祭りもしなくなりましたが、今でも地域の人はお参りしたり、掃除をしたりはしています」

 今はそれで良いのですが、B男さんの家は代々守って来られたので、そこの神社とご縁のあるご祭神の、神社さんへお参りに行かれるか、お家で祀られるとよいのです。離れていてもご先祖の大切にしてこられたこと、ご自分も守られてきたことは手放さないようにしてください。

 B男さんその後きちんと神棚を祀られて、怖い夢は見なくなりました。


霊体験の話し

 若いころの私の体験で、ある日の夜に自分の部屋のドアを開けて入ろうとしたときに、目の前におばあさんの霊が座っていたことがありました。

 もちろん知らない人で、霊なのです。 部屋に入ろうとしたら、いきなり人が座っているのですから、私も驚いた!

 心の中でどうして此処にいるのか、問いかけると、そのおばあさんは「助けて欲しい、わからないで長いことこの世界にいたような気がする、ここに居ると助けてくれると誰かが言ったので、ここに来た」というようなことが私の心に伝わってきます。

 しばらく霊査してその霊の亡くなった状態を視ていると、年老いて家族に追い詰められていじめられたような感情が伝わってきました。けれども、同時にこの霊が若いときにおそらく家族とのもめ事や姑さんをいじめていたような情景も視えてくるのです。因縁が深い家なのでしょうが、自分がしたことが自分に返ってきたようなものです。それで亡くなっても、霊界に戻れずに人間界に彷徨っていたのです。

 だから「ここに居ると助けてくれると誰かが言ったので、ここに来た」というように、誰かというのは、このおばあさんの先祖や守護たちの力があったのです。 その力で私のいるところまで連れてきたのでしょう。


約束事 霊

 以前に土地の問題で出張をしたところがありました。

 埋め立てられた土地で、昔の地図をみると、ちょうど海と陸のキワの辺りにそのお家は建てられていました。 お家の方が霊をみたり、怖い夢をみたり、家族がもめごとばかりで、小さなことから始まって徐々にエスカレートしてきたために、直接伺うことにしました。

 埋め立てるときに海の際にあったいくつかの供養塔や墓石がわりの石などを、埋められたりしたようです。それもきちんと清めや供養もされずにただ埋められた状態であったと思います。

 船の事故の犠牲者もいるし、女性の霊も子供もいました。海は犠牲者も多く出しています。ちょうど流れ着くような場所でもあったようです。

 それらを知っている人もいなかったので、誰を責めることもできないですが、救われない霊は次にはそこへ住む方たちに助けを求めてくるようになります。霊をみたり怖い夢をみたりすることは、脅かしてるのではなくて、むしろ助けを求めているためなのです。

 きちんと清めをして浄霊してからすべて納まっていました。そして霊の供養の意味も含めて一年に一度簡単なお清めをしていただくようにお伝えしておいたのです。それからしばらくのあいだご家族がお化けの姿をみることもなく、怖い夢も見ることもなくいたそうですが、数年してからまた同じような現象がおこりはじめたというご相談がありました。

 「おさまっていたのに何故でしょうか?」ということでした。 霊査すると「やっていない」と答えがくるので「お伝えしていたお清めは一年に一度はなさっていますか?」と訪ねると、「忘れていました。うっかりしていました・・・」ということでした。

 霊の世界は約束事も大切にしていかなければならないこともあります。


心が動かない

 思ってはいても、行動が出来ない。家族に言われても、理屈はわかるが思うようには人と話せない、社会が怖い、ありのままの自分がうまく出てこない。

 このようなことでも苦しんでいる人も多いのですが、ともすると自分の考え方に問題があって、いけないのは全部自分が悪いのだから、どうしたらいいのかと悩んでしまうこともあるかもしれません。

 人の気持ちの中に自分以外の意識霊が入り込んでしまうと、どちらが自分なのか、あるいは本来の自分の性格ではないような感覚になってしまうこともあります。

 Aさんは、働き者の30代の男性でしたが、あるときから外にも出たくない、人とも話したくない、進まなければと思うが進めない、前向きだった自分が非常に後ろ向きに変わってしまった。

 それが職場が数キロ離れた場所に会社のビルが移転したときから始まったのです。仕事をしていても落ち着かない、集中できない、いるだけですごく疲れるなど、会社を休みがちになり、霊的な影響に覆われていました。

 とりのぞいていくと同じように働けるようになってきたそうです。人は見えない世界からの影響も受けますが恩恵もたくさんいただいて生かされています。


ブログの記事のご紹介

2017/6/23

若い頃に経験したことが、 今だから役に立つなあと思うことや、 精神的にも苦しい思いをしたことが、 似たようなことが起こっても、 うまく乗り越えられたり、 我慢できるということもよくあるものです。 経験してきた、昔の苦しい自分が いまを支える力に進化しているのです。 似たような問題にぶつかってばかりいるときは 「何か」を乗り越えなければいけないことでもあります。 ...


2017/6/21

思うことを、心という表現をされています。 肉体を支えているのは霊体と魂です。 心は肉体的な問題と内面的な霊体の状態を ともに感じとれる存在ですから、 一つの判断でも迷うのは、 表面的な自分と内面的な自分との やりとりを心はどちらも 推し量っていることも多いのです。 その迷うときに人間的な欲の心を、 できるだけ押さえて考えようとすることが、 一番よい決断が...


2017/6/19

多くの方が夢をみた経験はあると思いますが、 40代の男性で数ヶ月前から同じ夢を、 毎晩のようにみて怖くて苦しくて目が覚めるという方がいました。 「夢の内容は、沢山の武士の姿があって、 それを見ている僕の方に視線が向くとその中の一人の武士が、 僕の方に襲いかかり刀を振りかざしてくるのですが、 僕自身もそうですが僕の後ろのほうから止めようとして、 その武士を追い払おうとするエネ...


2017/6/17

霊的な感受をすると「ゾクッ」とすることがあります。 不浄仏霊を感じると寒気がする経験をされた人もいるのではないでしょうか? 霊が冷たいのではなく、不浄仏霊という存在が、 心の暖かみを忘れているためです。 ネガティブな話をしていると、 気持ちが暗く、心が寒くなります。 反対に、 楽しい話をしていると心が暖まります。 反対に暗く落ち込んでいる人といると、 落ち込んでいく...


2017/6/15

主婦のA子さんは、 「亡くなった祖母が夢だけではなく、昼間でも近くにいて 何かを言いたそうにしているのを感じる」 と相談がありました。 そこでこの家に行った所、まず御仏壇で霊視してみると、 頭に浮かんできたのは、 「暗くておまけに先祖達が前にならんでいるからお供え物が食べられない」 など伝えてきたのです。 そこでよく見てみると確かに御仏壇の中は暗く、 先祖が前に...


2017/6/13

20才をすぎている娘さんが、 「父親の言った一言が気に入らなくて、 具合が悪くなった。自分の具合が悪くなったのは親のせいです」と話す。 「親が悪いんだ!」と 1時間のあいだに15回くらい同じことを、 泣いたり親を指さして怒鳴りつけるのでした。 この娘さんは今までも時々浄霊してきたので、 霊に憑かれてきたことは本人もわかっています。 それがわかっていて親もついつい ...


2017/6/11

これまでに井戸にまつわる問題は 何件も解決してまいりましたが、 古い井戸ほど霊的な問題が多いと思います。 古井戸は昔から水神様という 信仰の対象として祀られていたことがあります。 しかし近年はこのような風習がなくなり、 何もしないでただ埋めてしまう人がいる。 古井戸は特に気をつけなければいけないのは、 井戸というものは霊的な問題だけではなく 神様の眷属であるキツ...


2017/6/09

なにげなく生きることに違和感を、 感じることはある人もいるかもしれません。 人間関係でもあらゆる場面で何とかガマンをしたり、 出来たら逃げたいと思いながらも上手く乗り切って生きていく努力はひつようとされます。 けれども時には、これがうまくいかない場合もあります。 本当に自分の生き方はこれで良いのか? これが自分らしいことなのか?  これで一生を送るのか?・・・・・・・・ ...


2017/6/07

先祖霊の供養のたいせつさ 先祖の供養を含めて、ご仏壇やお墓参り等が一般的で一番供養しやすい方法です。 しかし不成仏霊は通常のご供養ではらちがあかないこともあります。 先祖供養といいながらご仏壇にご先祖が入っていなかったり、 ご夫婦でも肝心なご主人の家の先祖をおろそかにしていたりしていることもあります。 自分や家族を守るなら目に見えないものは先祖に日頃から感謝して、 ...


2017/6/05

つらくても 必ず 時間がながれ、 時が人間の心を和らげていきます。 耐えてこそ守護霊は守るのですから、 人間的に逃げてしまえば守護霊も守れません。 そして生き抜くという気持ちを強く がんばってください。


2017/6/03

これまで私はさまざまな霊もみました。、 霊的な現象で、体に傷も出来たし怪我もした。 妖怪にも出会ってきましたし、人をだまそうとする動物霊もいました。 妖怪の類になると、説得などはあまり効き目がない、 効き目がないから説得もしない、 ただひたすら霊的に戦うだけになることもあります。 それもご相談者の必要のためならの場合です。 どこかに妖怪がいるから探しに出かけて退治してや...


2017/6/03

あるお店の店長をされている男性が、 最近仕事の内容で、 アルバイトのスタッフ達とトラブルが絶えないためにご相談に来られました。 「自分ではそれほど気がつかないのですが、 スタッフが指示されていないとか、 店長(私)が言ったことが違っているとか、最近よくそういうことがあります。 自分ではしっかりしているつもりなのですが、 妻からも、最近何となく受け答えが変だと言われて、...


2017/6/01

大事にお祀りして、 大切にしていた、 神棚とご仏壇をすべて やめたことがありました。 神棚、仏壇、お位牌などの 物質にとらわれていることに 息苦しさを感じたこと、 そしてあってもなくても、 自分は信じ続けることが 本当にできるだろうか? という思いからでした。 すべて無くしたときも、 大事に神社へお返ししてお礼参りもしました。 すべて祀りものがないと、 ...


2017/5/30

70代の女性が、息子さんと二人暮らしで、 神仏の信仰を心から大切にされていたのですが、 もう神棚も古くなったために、 新たにつくり直して一ヶ月もたたないうちに、 たまたま知り合いの人が入っている、 宗教に誘われてお経が勉強できるならと、 軽い気持ちで出かけたところ 「あなたの家に行って、 お経を読んで清めましょう」といわれて ありがたいなと思われ、 数人を家に招い...


2017/5/28

なかなか人と目が合わせられない 感受性が強い方の中には、 人に会うといろいろと 感じ取ってしまうものです。 人前に出ることも苦手 という方も少なくありません。 もちろん相手がどういう人か感じても 直接それを話すことはほとんどないでしょうが、 けれども気持ちの中では、 ご自分が直感で受け止めたことは心に納めて、 相手の良い部分を受け止めたときには、 素直に誉...


 
ホーム | プロフィール | 霊的な世界 | ご相談・料金 | 体験談 | 私の信念 | マップ
   
スペーサー     スペーサー
メールでのお問合せ