〜 どこまで追い込まれている人生なのか 〜

(2011/10)

どうして八方塞がりになってしまうのか

楽しもうと思ったことが楽しめない

これでやっとひと段落できると思った途端に次の悩み事

楽しい会話をしようと思っていても、憎まれ口をきいてしまう

やろうとしていくことがことごとくつぶされ、その都度に反省もする、人生に反発もする苦しい。 生きていても希望がない楽しくないうれしくない、人のこともどうでもいいような・・・・・

それほどまでに自分の気持ちが落ちていることやそうした思いで悩まされている人も少なくありません。どうしてもマイナスなことが自分に襲いかかってくる、気持ちを変えなければと思いつつも荒波に打ち勝てない心の疲労もあるかもしれません。

霊的にみると魂と霊体が必死に人間の自分を支えようとすごい働きをしていることがあるのです。守護たちもそうです。今は霊現象が起こる方、自分の霊的なことの感覚に悩まされている方、精神的な心の問題に悩まされている方がでてきています。迷いやいたたまれない気持ちが強くなるかもしれません。どういうことでも自分を見直すときがきています。

日本の変化は一人ひとりの小さな心の葛藤が思いの結集が形になってくるときに大きく変わっていくことになります。苦しみは警告ではなく守りでもあります。