〜 共に住まう霊的な良き存在 〜

(2017/9)

お家のお父様が亡くなってから、部屋で音がしたり、影のように気配がしているなど、霊的現象が起こり、ご家族全員が感じるようになったのです。

たまにあることですが、家の家長(父親)が亡くなると、霊的なものが騒いでくることもあります。旧家などは特に土地に住み憑いている霊もいますから、落ち着かなくなることもあるのです。

お家に伺って、家と土地を浄霊させていただいて、帰り際に気になったのが、きれいな庭と池でした。敷地が広いので庭も広く、池もかなり大きいのです。

「それは何代も前からある池です。手入れも大変ですが、続く限りは大事にしていきます」

と家の方がおっしゃっていました。

私は「この池には龍神様が住んで守られていますよ」というと、ご家族は驚いた顔をされていましたが、その時はそれでお暇しました。

それから、2年後に庭のつくりを少し変えるために 池の水を一度抜くことになったある日、娘さんが夜「今、池の龍神様が飛んでいった。いなくなった。」というのであわててご相談にいらした。

「庭を作り変えてきちんと池の水を戻されて 清められたらまた龍神様が戻ってきますよ」とお話しをしましたが、不安とのことで再度出張に伺い、池の清めをしました。

その夜に今度はご主人が 龍神様が池にいる夢をはっきりと見たのです。娘さんも戻ってきた龍の姿をみたのです。

共に住まう霊的な良き存在もたくさんいます。